事業内容 Service

製品・工法案内

植物成長調整剤

植物成長調整剤 グリーンフィールド水和剤

植物成長調整剤 グリーンフィールド水和剤

<有効成分>

フルルプリミドール50.0%

<規格>

500g×4、50g×20

<毒性区分>

普通物(毒劇物に該当しないものを指していう通称)

<特徴>

◆ジベレリン生合成阻害による植物の草丈を抑制する植物成長調節剤です。

◆土壌に処理層を形成し、主に植物の根から吸収される土壌処理型です。

◆さまざまな植物の草丈の伸長を長期間抑制します。

 

(緑地等の雑草管理に用いる場合)

◆冬期処理が最も効果が高く、長期間の抑制が期待できます。

◆雑草生育期(春期~夏期)に使用する場合、刈込後に散布することで、より効果を発揮することができます。

◆雑草の種子発芽や幼芽の生育も抑えるため、雑草の侵入や繁茂の抑制も期待できます。

◆刈込み回数、刈込み草量が減少し、作業効率を向上させることができます。

◆雑草を枯らさずに伸長を抑制するので、景観を維持しながら法面を保護することができます。
国土交通省認定のNETIS登録を取得しています。

 

(芝生に用いる場合)

◆日本芝、西洋芝に使用でき、処理後刈込みを行っても効果が持続します。

◆ティフトンやベントグラス等の西洋芝に強く作用します。

◆少量多回数散布(マルチアプリケーションプログラム)により、芝草の刈込み軽減とベントグラスに入り込んだスズメノカタビラの密度低減が期待できます。

植物成長調整剤 グリーンフィールド粒剤

植物成長調整剤 グリーンフィールド粒剤

<有効成分>

フルルプリミドール1.0%

<規格>

5kg×2

<毒性区分>

普通物(毒劇物に該当しないものを指していう通称)

<特徴>

◆ドリフトしにくい粒剤タイプです。

◆剪定軽減の効果があり、樹木の新梢伸長を抑制します。

◆ジベレリン生合成阻害による植物の草丈を抑制する植物成長調節剤です。

◆土壌に処理層を形成し、主に植物の根から吸収される土壌処理型です。

◆樹木を含むさまざまな植物の草丈の伸長を長期間抑制します。

 

(緑地等の雑草管理に用いる場合)

◆冬期処理が最も効果が高く、長期間の抑制が期待できます。

◆雑草生育期(春期~夏期)に使用する場合、刈込後に散布することで、より効果を発揮することができます。

◆雑草の種子発芽や幼芽の生育も抑えるため、雑草の侵入や繁茂の抑制も期待できます。

◆刈込み回数、刈込み草量が減少し、作業効率を向上させることができます。

◆雑草を枯らさずに伸長を抑制するので、景観を維持しながら法面を保護することができます。
国土交通省認定のNETIS登録を取得しています。

 

(樹木の剪定軽減に用いる場合)

◆萌芽2週間前または新梢伸長開始2週間前の処理で最も効果が高いです。

◆徒長枝等がある場合、剪定を行った後に使用することでより綺麗な状態を維持することが期待できます。

◆植栽の葉の上に粒が乗ってしまった場合、葉を揺らす等して地面に落としてください。

 

(芝生に用いる場合)

◆日本芝、西洋芝に使用でき、処理後刈込みを行っても効果が持続します。

◆日本芝は生育初期から生育盛期の散布が効果的です。

◆スプリンクラーヘッド、バンカーの縁等、部分散布しやすい粒剤タイプです。

◆芝生の平面に散布する場合、草丈の抑制にムラが出ることがあります。